お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 佐藤ママが語る~第6回 ~「上の子の勉強を下の子が邪魔する……」そんなときどうする?~

佐藤ママが語る~第6回 ~「上の子の勉強を下の子が邪魔する……」そんなときどうする?~

息子3人が全員、日本で最難関といわれる「灘」「東大理Ⅲ」に合格したことにより、「ゴッドマザー」として有名になった佐藤亮子さん。(編集部注:2017年春長女も東大理Ⅲに見事合格されました。おめでとうございます!)
徹底したリサーチと効率最優先のメソッド、そして子どもへの愛情をもって子どもたちを合格に導いた佐藤さんを見て、「ぜひ、我が家でも!」と思った方も多いのではないでしょうか。

今回は、保護者の方からよく出る質問を中心に、カリスママザー・佐藤さん流の子育てポイントを語っていただきました。全8回でお送りします。もしもご家庭に合いそうなテクニックがあれば、参考になさってください。


【「上の子の勉強を、下の子が邪魔する……」そんなときどうする?】
きょうだいが多いと、どうしてもお悩みにのぼってくるのが、「上の子が勉強しているとき、下の子にかまってあげられない」「下の子が勉強の邪魔をしてしまい、上の子が集中できない」という問題。
息子さん3人、娘さん1人を育て上げた佐藤さんの家では、いったいどのように対処していたのでしょうか。教えていただきました。

もっと読む
【きょうだい全員が、「せーの!」で同時スタート】
そうですね、うちは、上の2人が年子だったというのもあって、年が近いからやりやすかったというのはあると思います。
それでも、たとえば上の子が勉強している間は、下の子にも勉強をさせたらいいんですよ。

勉強といっても、一番下の子がまだ小さいなら、その子がやるのは折り紙でも、えんぴつのトレーニングでもいいんです。もちろん勉強時間は上の子の方が長くなりますが、とにかく「せーの!」で一緒に始めればいいんです。

一緒に勉強をすることで、「勉強は大切なことなんだな、お兄ちゃん・お姉ちゃんがやってることは、まじめなことなんだな」というのがなんとなく分かるようになると思います。
そうなると、「邪魔しないでおいてあげよう」という風になってくる。

勉強の大切さを、きょうだい全員に理解させることができるわけです。それだけでなく、下の子の方も、「きちんと机につく」習慣が身につきます。
とにかく、「一緒に勉強をする」というのがポイントでしょうね。

【同じものを「同時に」買い与える】
小学校3年生くらいになって、長男に辞書を買ってあげたりするじゃないですか。そうすると、下の子も興味を持って、欲しがったりしますよね。子どもは珍しいものが大好きですから。
そういうときは、なるべく同じものを「同時に」買ってあげればいいんじゃないかと思います。確かにお金はかかりますが、名前を書いて「はい」と渡しておけば、取り合いにもならないんですよ。
10/12~佐藤ママによる講演会(浜学園テストの超活用法)開催! 10/19~佐藤ママによる講演会(本当の学力を身につけるための親の心構え)開催!

◇佐藤亮子様profile◇
お子様全員を進学教室浜学園で学ばせ、三人のご子息は灘中・高(神戸市)、末のお嬢様は洛南高附属中・高(京都市)を経て、東京大学理科Ⅲ類に合格させた佐藤ママとして有名。その徹底した子育て・勉強方法が注目されています。
・フジテレビの「バイキング」などの番組にご出演
・著書:『「灘→東大理Ⅲ」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方』(KADOKAWA)など
浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る