お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 暗記力をアップさせる親の接し方

暗記力をアップさせる親の接し方

うちの子供は暗記が苦手ですぐに忘れてしまいます。
長く覚えていられるようにするにはどうすればいいのでしょうか。
相談者:浜学園の小3生の保護者の方

実は、記憶力には個人差はほとんどありません。
ただ、興味のあることはどんどん覚えられるが、興味のないことはなかなか覚えられないというのはどなたも経験がおありだと思います。

これは脳が感動したかどうかの違いです。記憶になんらかの感動が伴ったとき、脳がそれを大切なことだと認識し記憶は長く定着します。
が、感動が伴わなかったとき、短期で忘れ去られてしまいます。

もっと読む
子供の話をしっかり聞いてあげる
記憶に感動をくっつけることは困難です。
嫌いなものを「喜んで食べなさい」と言うようなものです。

ただ子供は純粋で素直なので、自分の好きな人が「好きだ」と言ったものはいっしょに好きになってくれたりします。
たとえば自分は虫が嫌いでも、先生が面白そうに説明した虫の話、歴史嫌いな子供でもお父さんが楽しみにしてみていた大河ドラマに出てきた歴史上の人物などはよく覚えていたりします。

子供が学校や塾で聞いてきた話を聞かせてくれたとき、それほど面白くなくても、あるいは、まったく何が言いたいのかわからなくても、ご両親が好きなふりをして、面白そうに少しだけ説明してあげたり、さも興味深げに聞いてあげたりしてみてください。

漢字をていねいに書かせる
また、漢字や漢字で覚えなければならない歴史上の人物の名前などは必ず丁寧に書いて覚えるようにしてください。
これは、書いて覚えれば勝手に手が動くというような科学的根拠に欠しい理由ではありません。

印刷された活字の形で記憶しているより、自分の書いた字で覚えている方が、答案の上の手書きの字と見比べたとき、まちがいに対して正確に違和感を覚えやすいからです。

とはいっても嫌いなことはなかなか覚えられないものです。
特に、入試直前期には嫌いなことも必死に覚えなければならないかも知れませんが、低学年のうちは、苦手分野は基本的なことだけきっちりと、好きなことは難しいことまでたくさん覚えるようにした方が精神衛生上はよいのではないでしょうか?

浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る