お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 親はいつまで子どもの勉強面に関わるべき?

親はいつまで子どもの勉強面に関わるべき?

子どもの勉強面に関して、親はいつまで関わるべきでしょうか。
相談者:浜学園の小3生の保護者の方

小学校4年生くらいまではご家庭でお子様の学習面を細かくみていると、良い成績を保っていくことが可能です。しかしながら、保護者の方もお仕事の関係(共働き等)や学習内容面で、全ての方々が受験までそれを継続できるわけではありません。

手を放すのは小4の終わりごろまでに
逆にご家庭で手をかけすぎることによる弊害もうまれてしまいます。保護者の方がいつまでも横について教えていると依存心が抜けきらず、精神的にも自立できないまま受験や進学を迎えることになりかねません。
ひとつの問題でも様々な解法があり、学校や塾での教え方と家での教え方が違ってしまいお子様が混乱してしまって、せっかく理解していたはずのことが逆にわからなくなってしまう恐れもあります。
そのためにもできれば小4の終わりまでに自立できるよう、少し早めの時期から徐々に手を放すことをお勧めします。

もっと読む
親にしかできないサポートに徹する
もちろん「手を放す」といってもお子様に関する全てのことに関わらないということではありません。たとえば、先ほどのような学習内容面においては塾や学校に任せ、保護者の方は方向転換して後方支援にまわって応援してあげるといったスタイルに変えていくとよいでしょう。

スケジュール管理や体調管理といったことに加え、できたことや取り組んだことに対してほめてあげることなどは大切で必要な関わりです。手は放しても目は離さず、細やかに声かけしてあげましょう。

「親の関わる時期」という点に関しては全てのお子様に共通の回答があるわけではありません。お子様の成長度合いにより違いがあって当然です。お迷いであれば抱えこまず、第三者に相談しましょう。

また一度手を放すと決めたら少々のことでは動じず、再び元に戻すといったことは避けましょう。学習内容の進度の速い学年(小学校5年生くらい)では成績が停滞し我慢しなければならない場面も出てくることもあるでしょう。 その時こそ明確な役割分担に基づいた保護者の方の応援が大きな力となってくるものです。

浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る