お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 家族の思い出によりそう絵本

家族の思い出によりそう絵本

絵本は、大人もそのものを楽しめますし、子どもの反応を見るとまた違った喜びをもたらしてくれます。昔読んだ本を2代で共有できたり、自分も子どもの頃の気持ちを思い出すことができるのも絵本のよいところだと思います。

我が家では、今でも家族で、昔絵本で見たあれみたいだね、と一緒に思い出せる共通の記憶があります。家族の思い出にそって、家族の歴史にまつわる絵本があって、本が好きになっていくのだと思います。

親と一緒に絵本を楽しんでいる子どもは、親から興味を持ったものや経験したことを絵本でなぞってもらう工夫をしてもらっています。子どもの興味が深まるのは、そういった上手な読み方をするからこそです。
昔話を読んだら、これは昔の話し方なんだよ、こんな生活をしていたんだよ、と背景を教えることもできますし、たとえば「いろり」が絵本で出てきたら、旅行にいったときなどに博物館や歴史資料館で一緒にそのものを見てあげると知識がつながっていきます。
もっと読む

また、子どもが疲れていない時間に読んであげるといった心配りや、たとえば雨の日は2時間続けてでも、子どもからもうやめるというまで読んであげる、そういった愛情のかけ方をしてあげてほしいと思います。

家族みんなで
主婦であり妻であることも求められる母親は、毎日大忙しですね。全部自分でと背負いこまず、お父さんとかわりばんこで読み聞かせをするのもひとつです。
お父さんに仕事のないお休みの朝にお願いすると、心にゆとりがあるので延々とつき合ってくれたりすることもあるかもしれません。
読む本を選ぶにしても、パパチョイスはママチョイスとちがって新鮮だなと、お子さまの新しい興味の入り口になるかもしれません。

読みたくない絵本だってあっていい
親にも好みがありますね。子どもは大好きでも、読んだり買ったりするのはいやだなとか、こういう日本語は触れさせたくないなということがあると思います。そんなときはお父さんに読んでもらってもいいですね。私の経験として、主人の読み方がおもしろくて、子どもがものすごく喜んではまってしまったことがあります。
それでも親が好きではないことは、相手をしないのが一番だと思います。子ども同士のお付き合いもあるので、みんなが読んでいるものとか子どもが喜んでいるのは仕方がないと、ブームが去るのを待てばよいと思います。

家族を頼って、家族のために
好きなことには子どもは集中するものです。集中できないのは、わからないこと、きらいなこと、興味をもてないことです。家族もうまく頼って、絵本をきっかけにみんなで子どもの興味を育ててあげてください。
一緒に本を楽しむ時間が、家族の心の落ち着くほっとする時間になれたらいいですね
「いつも絵本にはいつもいい思い出がある」そんなご家庭が増えることを願っています。

※一部表現を変更して転載している場合もございます。
◇絵本情報サイト イマージュ◇
浜学園グループの監修の下、ミキハウスの色彩豊かで良質な絵本を、様々な切り口からご紹介します。また、浜学園グループ講師や外部の方による絵本の解説や読み聞かせのポイントといった、親子で絵本をより深く味わうための情報も提供していきます。
浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る