お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 伸び方が変わる!テストが悪かった時の上手なフォロー

伸び方が変わる!テストが悪かった時の上手なフォロー

実力テストであまり良い成績をとることができませんでした。どのように子供にフォローすればよいでしょうか。 相談者:浜学園の小2生の保護者の方

テストが返却されるとやはり気になるのは点数(偏差値、順位)ではないでしょうか。
もちろん良いにこしたことはないですが、当日の体調や気分、疲れなどによっては悪いときもあると思います。

ほめ方のコツ~ほかの要求をしない!
成績が良かったときは、賞賛をしてください。
「がんばったね!」と声をかけられるとうれしさも倍増します。
がんばりに対する賞賛は、やる気を起こし、良い状況を作り出すことが出来ます。

ここでひとつ注意すべき点は、“ほめる時はほめる”ということ。

「(テストが良かったのだから)あれもがんばれるよね・・・」などと他も要求してしまうと、一気に子供の気持ちは冷めてしまいます。
まずはほめることのみを徹底してください。

もっと読む

それともう一つ、成績が良かった時よりもほめてあげて欲しい時があります。
それは、やり直しをしてテスト本番ではできなかった問題ができるようになった時です。
がんばりを認めてあげてしっかりとほめてあげましょう。
やれば出来るという自信を持たせるためにも大変重要です。


テストが悪かったとき~じっくりとプラス20点を目安に
では、悪かった時はどうすればよいか。
もちろん不調の原因がわからないまま怒っても仕方がありません。
まず、時間を気にせずじっくりとやり直しをさせてください。

これは、何がどうまちがっているのかの原因分析のために必要です。
算数でも国語でも実はじっくりとよく読んで解いていくとできることも多々あります。
もし、時間をかけても文章の意味がわからないとなれば、語い力で行き詰っているとも考えられるので、まずは文章の意味を理解し、そこから問題に取り組んでください。

また、やり直しも100点になるまですべてやり直しをするのではなく、今のお子様の点数プラス20点をひとつの目安としてください。
一歩ずつ確実に成績を向上させる目標となります。

テストがプレッシャーになりすぎないように、余裕のある接し方でお子様のやる気を育んでいただけたらと思います。

浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る