お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 小さい頃から読書をさせた方が絶対受験に有利なのでしょうか?

小さい頃から読書をさせた方が絶対受験に有利なのでしょうか?

国語の成績をあげるためには、小さいうちから読書をさせたほうが良いのでしょうか。
本があまり好きではないので困っています。
また、読書をさせるとしたら、どのような本が良いのでしょうか。
相談者:浜学園の小1生の保護者の方

5年生あたりまでは、本を読む子どもとそうでない子どもでは、本を読む子どもの方が国語の成績はよいのですが、6年生になると事情が変わります。

読書量と入試の得点はイコールではない
6年生まで読書だけで成績を保ってきた子はがくんと点数が落ちることが多いのです。

もっと読む

国語の入試で点が取れないのは、書かれていることが理解できない場合より、「書いてあることはわかるのだけれど、答えの場所が見つからない」とか、「どうまとめればよいかわからない」という場合の方が圧倒的に多いのです。

読書によって培われる力は、入試で要求される「読む」「解く」「書く」の三段階のうち、「読む」だけ。
大切なのは、その次の「解い」て「書く」力で、その力を養うには、実際に問題を解くことが必要となってきます。

しかし、そうは言っても、周りの読書好きの子どもたちがよい成績をとっているのを見ると、「うちの子も少しは本を読んでくれないかしら・・・」と思うのはもっともな親心ですし、将来的にも本を読むということは大切です。

好きな本を読ませてみる
そこで、本を好きにさせる方法ですが、これは容易ではありません。
言うなれば、ニンジンが嫌いな子をニンジン好きにするのと同じくらい難しいことです。

しかし、ニンジンはどれも味がほとんど変わりませんが、本はすべて違います。
子どもが好きな本を読ませることから始めてください。

マンガ、あるいは、実際、テレビでアニメ化されているようなシリーズものばかり読んでいるのを見ると、「少しは隣の子のように科学的なものや文学的なものを読んでくれないかしら・・・」と思われるかもしれませんが、しばらくするとそのシリーズに飽きて次の段階のもの、それも一段階高いレベルのものに宗旨替えしてくれます。

そのときにそのレベルの、小学生が主人公になっている楽しい物語や「なぜ?なに?」が書かれた科学的な面白い本を買い与えてあげたり、図書館に連れて行って読もうが読むまいがたくさん借りてきてあげたりすれば良いのです。

とにかく、中学入試に関しては、読書をしてくれればもうけもので、だめならきちんと問題さえ解いていれば大丈夫、と思って見守ってあげてください。
無理やり読書をさせることで、何百ページもの読書が嫌いなだけの子どもを、わずか数ページの問題文を読むのも嫌がるような国語嫌いに育てるのは避けるようにしましょう。

浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る