お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > ほめる?叱る?声かけのバランスとタイミング

ほめる?叱る?声かけのバランスとタイミング

大人も子どもも、「誰かが見てくれている!」と思えば気が引き締まり、やる気が湧いてくるものです。中学受験を控えている子どもにとって、「がんばり」を見ていて欲しい一番の存在はやはり親。良いことも悪いことも、積極的に声掛けをしてあげるのがよいでしょう。
とはいっても、むやみやたらにほめたり、頭ごなしに叱ったりするのではあまり効果的な声かけとは言えません。

今回は、ここぞ!という「ほめるポイント」「叱るポイント」を、具体的にいくつかご紹介します。

もっと読む
1. 地道な作業はとにかくほめる!
受験勉強の中には、「解き方に慣れ、無意識にでも体が動くまで練習すること」を目的に、地道な計算や書き取りを繰り返すようなメニューもあります。
単純作業は、誰にとっても少し面倒で疲れるもの。それでも、学力の基礎をしっかりと固めるためには、こういった「地道な作業」は欠かすことができません。
にも関わらず、「地味な積み重ね」は、目に見える成果がすぐには出にくく、評価してもらえないことも多いのです。

こんなケースこそ、親がほめるタイミング。さぼらず、まじめに取り組んでいる子どもを、目一杯ほめてあげましょう。声かけをすることで、子どもも自然とまじめに、前向きに取り組むようになります。

2. どれだけミスをしても、やり直しさえきちんとしていればほめる!
子どもの宿題用ノートをチェックしていると、ときにはほとんど答えが間違っていることがあるかもしれません。親御さんとしては、どうしても子どもの成績が心配になって、声を荒らげてしまいそうになることもあるでしょう。

しかし、そこはぐっとこらえてください。

難しい問題に取り組んでいればいるほど、間違いの数も増えるもの。
重要なのは「次回以降に同じミスをしないこと」です。初回の間違いを叱られると、子どもはミスを恐れ、ミスを隠すようになってしまいます。そうなってしまうと、「原因を理解してやり直しを行い、次からは正しく解けるようにする」という復習のステップを妨げることになるのです。
むしろ、正直にミスを認めてやり直しをやっていることを、積極的にほめてあげてください。そうすることで、ミスを隠さず正直に取り組む姿勢が育まれます。

3. 「全問正解」はむしろ危険。ズルのサインはしっかり叱る!
同じく、宿題ノートをチェックしているときの話になりますが、「不自然に全問正解が続いている」など、少し様子がおかしいなと感じることがあります。
もしもそういったサインを発見した場合は、解答冊子と突き合わせるなどして、マルつけがきちんと行われているかを確認しましょう。
万が一、「ズル」であることが発覚した場合には、きちんと叱る必要があります。

「受験生である子どもがズルをしていた」という事実は非常にショッキングです。思わず感情的になってしまうこともあるかもしれませんが、やはりここでも深呼吸をして、落ち着いて叱るように注意しましょう。話すべきことを事前に考えておくのも効果的でしょう。冷静に、なぜズルがいけないのかを真剣に話せば、子どもにはきっと伝わるはずです。

親の声かけ次第で、子どものモチベーションは大幅に上がります。また、問題に取り組む態度も違ってくることでしょう。
積極的に声かけをして、子どもを応援してあげましょう。

浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る