お子様の将来を考える保護者様へ

浜学園教育情報Tips

トップ > 立教英国学院~Japanese Evening

立教英国学院~Japanese Evening

イギリスにある日本人のための学校、立教英国学院からJapanese Eveningついてご紹介いただきました。
中学受験を漠然と意識しだした皆さんも、まさに志望校に向けて勉強中の受験生の方も、中高一貫校の生活をのぞいてみてくださいね。

もっと読む

立教英国学院は1972年にイギリスに設立されました。イギリスにあることを生かして、英語の授業中に町に出て街頭インタビューをしたり、イギリスの生徒たちに日本文化を紹介したり、ホームステイをしたりなど地元英国社会との交流にも力を入れています。

その一環として、今回は毎年5月に開催されるJapanese Eveningについてご紹介します。

日本を紹介するJapanese Evening

Japanese Eveningはイギリスの地元の学校の児童生徒や近隣の方々を学校に招待して日本文化を様々な形で体験してもらう行事です。剣道・茶道・書道はもとより、独楽や剣玉などの昔遊び、福笑いや箸の使い方、ソロバン紹介や盆踊り、日本語講座に至るまで思いつく限りの「日本」を紹介します。この日のために生徒会を中心に企画決めやメンバーの割振り、そして練習や準備を行いました。受験勉強で忙しい高校3年生を除く小・中・高校生の全校児童生徒で取り組んでいます。

今年のJapanese Eveningは5月4日(金)に行われました。まず、前年度3学期に実行委員を選び、テーマを決めていきます。そこから全校生徒が各自で好きなテーマを選び、生徒会が人数を調整・メンバー割りを決定します。各テーマには小・中・高校生が混ざっており、皆で協力して行います。

練習や準備は2週間前から行います。あやとりや剣玉など初めての児童生徒も多く、この期間で練習をします。昨年の経験者を中心に、お客様への英語の説明の練習もします。

Japanese Evening当日、オープニングでは地域交流委員の面々が、流暢な英語で日本文化についてのプレゼンテーションをしました。プレゼンテーションは毎年行っており、今年のプレゼンテーションテーマは、顔文字、カップラーメン、What’s going on in Japan、の3本立て。「顔文字」では、表情の豊かさやバリエーション、「カップラーメン」ではおいしさや技術、驚くべき点、そして「What’s going on in Japan」では日本の最新テクノロジー(カプセルホテル、私服のように着られる着物)などについてお話しました。上手にお客様の笑いを取ることも出来ました。

プレゼンテーションの後は、お客様たちを各ブースにご案内します。大きなホールのあちこちで本校の児童生徒とイギリスの方々が笑顔で触れ合う姿がとても印象的でした。4月に入学してまだ間もない新入生たちにとっては最初の大きな交流イベントになります。先輩たちを見習って積極的に英語で話す様子からは英語上達への意気込みも感じられます。「伝えようと思う分だけ英語が伸びるのかな」という生徒の感想が印象的でした。

本校の教育目標は「寮生活で他者とともに暮らし学ぶ体験とイギリス社会の中で暮らす体験を通して、新しい時代に生きていく力を身につける」ことにあり、Japanese Eveningは特に4月に入学したばかりの新入生にとっては、学年を超えて皆と仲良くなる良い機会となっています。この催しを始めてからもう既に10年を越えますが、その中で先輩から後輩へと伝えられていくものは、日本文化の内容だけではなく、伝え方、伝える気持ち、話す楽しさ、触れ合う喜びなのでしょう。


公開日:2018年月日
浜学園教育情報Tips

最新の投稿5件

タグクラウド

アクセスランキング

特設学校紹介
ページのトップへ戻る